鮭トロ鮭トロ タイトル

シンプルな美味しさというのは何ともいえない魅力を持っていますね。
この鮭トロは、清左衛門が鮭茶漬に使用している道東産特級紅鮭のハラスを一口サイズにカットして、備長炭で香ばしく焼き上げた逸品です。

★ここで鮭に関するお知らせ!
清左衛門では上記のとおり、ずっと道東産紅鮭特級を使用していますが、2016年の日露漁業交渉がうまくいかず、道東産が全く獲れなかったため、今シーズンは手持ち在庫のみとなります。従って、道東産終了後は、2017年の交渉で道東産が入手できるまでの間、同じ海域で獲れた鮭自体は全く同じで、船籍と加工方法のみが違うロシア産紅鮭(「沖流し」と呼ばれる。)の特級を使用させて頂く予定ですのでご了承くださいませ。

鮭のうろことり

鮭トロ炭焼き

酒の肴に、ご飯の友にとにかく美味しく大変な人気です。別に難しい事をしている訳でなく、美味しい素材を美味しく焼いているだけなので、作れるものならいくらでもお作りしてお客様にお届けしたいのが本心です。ただ、鮭茶漬用に確保している特級紅鮭の、それも大きな鮭で少ししかとれないという原料確保の制限がありますので、欠品御免の一品です。

鮭トロ原材料

大きな1匹の鮭からこれだけしかとれません。

こういう事情のため、お取り寄せにはお応えできない商品となっておりますのでご了承下さいませ。(ときおり、インターネットで販売する時もございます。よろしかったら、たまにチェックしてみてくださいね。)
甲子園のお店でたまたま出会ったらおすすめの一品です。

★ここで鮭についての解説!
《道東産とロシア産は、魚は同じ、船籍と加工方法が違います》
一番美味しい紅鮭が取れる海域と時期は限られていて(千島沖で初夏に獲れるものです)、ここは現在はロシア領となっています。その場所で日本の漁業者が許可を得て獲った紅鮭に船上で塩を回し(沖塩)、しっかりと塩でしまったのが道南産塩鮭です。
一方、同じ海域で全く同じ鮭をロシアの漁業者が獲って、日本に陸揚げし日本のメーカーが加工したものがロシア産紅鮭となります。ロシア産は獲ってすぐに冷凍し、解凍後に塩を回すので、陸塩(おかしお)と呼ばれ、締まり具合が少し緩くなっています。
清左衛門では鮭茶漬のページに記載しているように、道東産の鮭の締まり具合を見ながら、じっくり時間をかけて塩をしっかり回し、きっちり味を凝縮させてきました。ロシア産紅鮭には、さらに仕込みに手間と時間をかけて丁寧に塩を回すことで変わらぬ美味しい紅鮭を作れることを確認しています。

仕様原材料
・紅鮭 ・塩

雑記最新記事

2020.01.15
柚子モノも進化しました〜! ごまめ同様、12…
小かぶと柚子の和風ピクルス
2020.01.06
お正月のごまめ、日本一を目指してます! い…
ごまめ
2019.12.01
この度、ご縁があって、宝塚阪急にデビュー…
宝塚阪急
  • 〒663-8175
    兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
  • 電話:0798-49-8898
  • FAX:0798-49-5556
  • 甲子園けやき散歩道(旧国道)沿
  • アクセス
店舗 外観