有機栽培 梅

有機栽培 梅

7月1日、有機野菜の東研さんから、待望の「梅」が届きました!

「おにぎり」用の、梅干しを漬けるんです、ルンル〜ン。
(いままで自前の梅干しがなかったので、「海の精」の梅干しを使ってました。早く清左衛門製の梅干しを使いた〜い。)

今年は、とりあえず5キロだけですが、とても綺麗な梅でビックリしました。

というのも、数年前に漬けたときには、今は廃業された陽光産業さんで梅を仕入れていましたが、「無農薬の梅干しは、見た目が悪すぎて結局売れないから、減農薬しかないの〜。」って、担当のお姉さんが言ってたからです。

だから、こんなに可愛くて、このうえなくいい香りの「有機栽培の梅」が届いて、ちょっと嬉しいサプライズだったのです。

梅と焼酎

7月2日、ちょっとまだ青みが強かったので、一日待ったら、一寸黄色くますます美味しそうになりました。
たった5㎏だけなのに、清左衛門の第二厨房は、梅の香りで、「何という幸せ!」って感じ。

消毒には35度の玄米焼酎を使いました。
塩分は、15パーセント。今年は「伯方の塩」
伝統的な漬け方としては塩控えめだけど、今風なら塩しっかりめ、というところでしょうか。

梅酢があがってきた

7月10日、梅酢がしっかり上がって、綺麗〜。
あまりに嬉しかったので、忙しく作業している全員の手を止めて「ねえねえ、見て見て〜」とはしゃいじゃいました。
スタッフもお家で梅干し漬けてる人はいないので、興味津々。勉強かたがた一緒に作業することにしました。

次に紫蘇をもむという、恐ろしく大変な作業が入ります。
前回は、倍量の梅を一人で漬けたので、休日ほとんど一日がかりで大量の紫蘇をもんで、もうくたくた‥。体力ないから泣きそう‥。

ところが、今回、

もみ紫蘇

じゃーん。なんと、有機もみ紫蘇が、セットされていたのです。
業者さん、あったまいい!大賛成!

梅干し漬け

梅酢に、もみ紫蘇をいれたら、はい出来上がり!

甘く爽やかなジュースのような香りだったのが、紫蘇を入れた瞬間、いっぺんに「梅干しの香り」になって、皆から驚きの声が上がりました。

伝統的な季節の仕事、とても新鮮で楽しいものでした。(もみ紫蘇のおかげかも‥)
あとは、土用干しを待つだけ‥。

「清左衛門製の有機栽培の梅干しのおにぎり」、ご期待下さい!

雑記最新記事

2019.12.01
この度、ご縁があって、宝塚阪急にデビュー…
宝塚阪急
2019.11.28
おかげさまで、発売早々、かなり好評の「黒…
黒毛和牛の佃煮
2019.11.02
何かと周囲で話題の多かった「あまから手帖…
アスリートチャージ飯
  • 〒663-8175
    兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
  • 電話:0798-49-8898
  • FAX:0798-49-5556
  • 甲子園けやき散歩道(旧国道)沿
  • アクセス
店舗 外観