ひじき

清左衛門の「ひじき」です。お惣菜の小品ながら、とても思い入れのある人気の商品です。
昔ながらの地味なお惣菜ですが、天下一品・美味極上を目指しています。

芽ひじきではなく、長ひじきを使って、しっかりと炊き上げています。

ここのところ、伊勢志摩産、長崎産、兵庫県産のブレンドのひじきを使っていましたが、絶妙なもどし加減を狙っている清左衛門としては、ブレンドはやっぱり正直言って、少々使いにくかった。部分的にもう少し戻したいし、そうすると一部が戻りすぎちゃうし、みたいな‥。

そこで、単一の産地の方が望ましいので、仕入れ先に相談したら、ひじきの業者さんが伊勢志摩産、長崎産のサンプルを送ってくれました。

ひじき

どちらも、もちろん高級品ですが、個性がどう違うのか興味津々、ちょっと研究してみました。
そもそも産地で、そんなに違いがはっきりでるのかどうか…。

別々に戻してみて、ははーん、ブレンドした時の、ちょっとちぐはぐな感じの原因がよくわかりました。
一言で言えば、伊勢志摩産は少ししっとりむっちりした歯触り、長崎産はしゃきっとしたサクイ感じの歯触り‥。
ここにもうひとつ兵庫県産が加わるのだから、ちょっと扱いにくい訳ですね。

私の好みは、伊勢志摩産です。
実は以前も伊勢志摩産を使っていたのですが、なにぶん価格が高騰し贅沢すぎるので、お惣菜だしなあ‥、多分腕でカバーできるしなあ、と思ってブレンドにしたんですね。(ブレンドと言ってももちろん国産のかなり上質なものですよ‥。)

でも、 間違いなく美味しい「ひじき」をお届けしながらも、上があるならもう一段上を行きたい気持ちは強く、今回は伊勢志摩産を仕入れました。

ひじき

以前、仕入れ先が、ひじきの業者さんに「全部、伊勢志摩産」を特注した時、「いったい誰が使うねん?」とびっくりされたそうですけど、やっぱり使います。この箱が届いた時、ひじき担当のふたり(番頭の勝山さんと私)でにんまり笑っちゃいました。「やっぱり、嬉しいね‥。」って。

道南産川汲浜の真昆布とうね乃の鰹で出汁をひき、最高の材料を用い、最大限のこだわりを持って仕上げている「清左衛門のひじき」です。
地味なお惣菜ですが、天下一品・美味極上のひじきを目指しています。
是非、お見知りおき下さい。

ひじき

雑記最新記事

2020.03.07
サグラダ・ファミリアみたいにやってます! …
grow-growマガジンラック
2020.03.01
コロナウィルスの不安がつのる中、いつも3月…
2020.02.02
百貨店は、もはやすっかりバレンタイン。 清…
清左衛門のバレンタイン
  • 〒663-8175
    兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
  • 電話:0798-49-8898
  • FAX:0798-49-5556
  • 甲子園けやき散歩道(旧国道)沿
  • アクセス
店舗 外観