水茄子の浅漬け

毎年、大好評の、水なすの浅漬。
今年はますます美味しくなります。
その理由は、ご愛用のお客様にはすでにご案内している通り、今年から、水なすの仕入れ方が変わり、水なすのグレードがアップするからです。

今までも、大阪市中央卸売場の仲卸さんにお願いして、A品の中でも、上手な生産者のものを仕入れてもらっていました(生産者番号でわかるのです)ので、そこそこいいものが入っていました。ところが、生産者番号の表示が廃止になって、ありゃりゃ、どうしたものかと思っていたところ、素敵な出会いがあって、泉州でもトップクラスの生産者から、朝摘みの水茄子を直送してもらえることになったのです。

届いたその日のうちに、入念に用意した糠に漬けて、出荷します。
販売は、予約のみ、原則として日付指定不可です。(基本は木曜出荷)
お手数をおかけしますが、ピカイチ美味しい水なすを食べたいお客様だけへの特別企画なのでご了承下さいませ〜。

水なす

水なす

つやっつやの可愛い電球型の水ナスたち。

もともとぬか床には、自信アリです。
大容さんで用意してもらっている、農薬不使用の糠!(素性の良さがストレートに伝わるいい香りの美しい糠)

ミョウバンとかの薬品類をいっさい使用せずにできるだけいい色を出すために、サビ釘くらいじゃ間に合わないから、

スタッフが大きな鉄鍋で、糠をねるための水を用意したり


鉄鍋で糠を育てたりしています。
ここまでやるって、やっぱり清左衛門はちょっと変わり者かも…(笑)

丁寧に仕込んだら、じっくり発酵させます。
生っぽい糠から、少しずつ育っていくのが楽しいんです。
気温により大きく違いますが、かなりの時間がかかります。

清左衛門の糠は、食べたらわかりますが、「健やかな爽やかなぬか床」です。
ほんとに手間と愛情をかけているので、水ナスを包んでいる糠も、きっちり拭い取っておいて、ぬか床としてぜひぜひ、再利用下さい
普段、ぬか漬けしない方も、キュウリを塩もみして、ポリエチレンの袋の中でつけるだけでもバッチリですよ。

水なすに、塩をするときも、ゴシゴシこすったりしません。
表面を傷つけすぎると、一気に水が出て具合が悪いから。
優しく優しく…。
じわりと汗をかいてくる感じ…。

美味しい糠をしっかりかぶせて、ちょっと可愛めの個包装にして出荷です。

清左衛門の水茄子、今年もよろしくお願いいたします。

(こんな作り方なので、あまりたくさんは作れませんけど…)
お問い合わせは、本店まで。
Tel. 0798-49-8898

水茄子の浅漬 ¥864 (税込)

雑記最新記事

2022.05.07
毎年、大好評の、水なすの浅漬。 今年はます…
水茄子
2022.04.07
日曜日に洗い物をしながらふと思った。 「こ…
2022.03.23
春のお彼岸といえば、「ぼた餅」 清左衛門の…
  • 〒663-8175
    兵庫県西宮市甲子園五番町15-16
  • 電話:0798-49-8898
  • FAX:0798-49-5556
  • 甲子園けやき散歩道(旧国道)沿
  • アクセス
店舗 外観